海外赴任で家を貸す

海外赴任で家を貸すときの不動産屋選びはコレ【簡単で無料の家賃査定】

転勤で家を貸すならまずは無料家賃査定


マンション
せっかくマイホームを購入したのに海外への転勤辞令。

転勤の間、家をどうすればいいのか悩みます。

貸すべきか売るべきか、

住宅ローンを組んで買ったばかりなら売るに売れないと思います。

それに苦労して手に入れた家ですから、愛着がある家を手放したくないという方が大半です。


でも、家を貸すにしてもどの不動産屋さんに任せればいいのか?

色々な手続きなどもあってバタバタしています。

不動産屋さんを探す時間も惜しいのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが不動産の一括査定サービスです。

複数の不動産屋さんから一括で見積もりが取れるので、より良い条件で家を貸せます。

何より、ネットで申し込んで見積もりが取れるので時間の節約になります。


一括査定で紹介してくれるのは、数ある会社から選りすぐった優良不動産会社ばかりなので安心してご利用ください。

海外転勤などで家を貸すつもりの方におすすめです。

海外赴任の間だけ家を貸すことも可能です。






家を売るか貸すか迷っているなら


海外赴任が決まったときに持ち家がある人が必ず悩むことと言えば、

「家を貸すか、それとも売るのか」という問題です。


持ち家がある人なら必ずと言っていいほど悩みます。

これまで同僚や友人に相談されたこともあるのではないでしょうか。

転勤が決まって持ち家のことで悩む方はとても多いです。

国内の転勤でも海外赴任であっても同じです。


まず、売るか貸すか迷っているなら

・ローン残高
・転勤から戻ってこれるのか
・持ち家への愛着

この3つのポイントに分けて考えてみてはいかがでしょうか。



ローン残高がどれくらいあるのか



1つ目のローン残高についてですが、家を買ったばかりのときは当然ローンが多く残っています。

この場合、売るに売れないという状況だと思うので、貸すことを検討した方が良いです。

あと、家を買ってすぐに売ると、売買手数料などの費用もかさみます。

そして物件を買ったときよりも高い値段で売れないと損してしまいます。

家を購入したばかりでローンが多く残っているなら賃貸に出して貸すことをお勧めします。

とりあえず貸しておいて、ローンが減ってから売ることを考えてみてはどうでしょうか。


ローンの残債が少ないならすぐに売るのも良いでしょう。



転勤から戻ってこれるのか



2つ目は転勤から戻ってこれるのかという点です。

海外赴任であれば3年とか5年という数年で帰ってこれることが多いです。

しかし日本国内の転勤の場合、転勤先から戻ってこれない片道になる場合もあります。

戻ってこれるのであれば、転勤の間だけ貸せば良いです。

実際に転勤の間だけ家を貸して、転勤から戻ったらまた持ち家に住むという方法をとる方もいます。


逆に片道で戻ってこれないのであれば、

今の家を売って身軽になり、転勤先で新しい家を購入するという方法が良いと思います。

マイホームを他人に貸して自分は賃貸に住むよりも、マイホームを買い換えてしまった方が気持ち的にも良いですよね。



持ち家への愛着



3つ目は持ち家への愛着です。

別にローンも残ってないし、数年で戻ってこれるから売ることも貸すこともできるけど、どっちにすればいいの?

という方もいるかと思います。

そんな方は、最終的には持ち家への愛着で決めてはいかがでしょうか。

金銭的な損得で考えると、家によって状況が違ったり不確定要素が多いので、どちらが得かは一概には言えません。

ですが、自分の気持ちなら答えが出やすいはずです。

自分が苦労して手に入れたマイホームを手放したくない、

と、思うなら一時的に家を貸して、転勤から戻ってきたらまた自分で住めば良いです。

逆に、愛着もないし身軽になりたいと思えば、家を売ってスッキリすればいいのではないでしょうか。



新築なら貸した方が良い


家を建てたばかりでローンが残っており、売るに売れないという方は賃貸に出すことをおすすめします。

賃貸に出す場合、新築ならではのメリットもあります。


まず、当然ですが新築は古い物件と比べてきれいです。

借り手は家を選ぶときに築年数も考慮しています。

たとえば、不動産屋さんで紹介してもらうときに、「築5年以内がいいです」とか、

具体的な希望を言って紹介してもらいますよね。

やっぱり、古い物件よりも新築を希望される方が多いです。

貸すときに借り手が早く見つかるというメリットがあります。


そして、ここも大きなポイントですが、築浅物件は家賃設定を高くできます。


このように、新築には新築のメリットがあります。

持ち家をどうしようかと考えているなら貸すことも検討してみてください。



空き家にするのはどうなのか



これを読んでいる方の中には

「新築の家を他人に貸したくない!」「とりあえず空き家にしておこう」

と思っている方もいるかもしれません。


もしも、長期間の転勤なら空き家にしておくのはやめておいた方が良いです。

半年とか数カ月の短い期間なら空き家にしておいても問題はないと思います。


しかし、海外への転勤は3年や5年という長期間になる場合が多いです。

長期間空き家にすることの何が問題かというと、

よく、空き家にすると家が傷みやすくなると言いますよね。

家が傷むとその分リフォーム費用が余分にかかってしまいます。

そして、物理的にも遠くなるので何かあったときの対応がどうしても遅れてしまいます。

トラブルがあっても気づくのが遅れるのです。

空き家だとわかるといたずらされやすかったり、

極端な例だと知らない人が勝手に住んでいた、なんてこともあるようです。


長期間空き家にすることの問題は、傷みやすくなることと、なにかと物騒なことです。

1年以内の短い期間でしたら、空き家にしておくのもアリだと思います。

空き家にすることを検討している方は転勤の期間で判断してみてください。



一軒家でも需要はあります


海外転勤などで自宅を賃貸に出そうと検討している方の中には、一軒家をお持ちの方も多いと思います。

「一軒家でも借り手が付くのかな」と不安に思うかもしれませんが大丈夫です。


賃貸物件を探している人の中には、一軒家を希望される方も一定数います。

まず、小さい子供がいる家庭では、

騒音による近所迷惑をマンションほど気にしなくて済むので需要があります。

あと、ペットを飼っている家庭にも人気です。

楽器で演奏するのが趣味という方や家庭菜園やガーデニングを楽しみたいという方もいます。

気兼ねなく趣味を楽しめるところも一軒家のメリットです。


あなたの持ち家が一軒家でもマンションでも貸すことは可能です。

もしもあなたが家を貸したいなら、

いくらで貸せるのか無料で一括査定してくれるサービスがあるので、興味のある方は申し込んでみてください。

海外転勤の間だけ家を貸すことも可能です。